“槍”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やり95.9%
そう2.6%
ガロチヤ0.5%
ほこ0.5%
ブヤ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
音楽の波が下がって行く時に戦もゆるむように思われた。をふるう勇士が、皆音楽に拍子を合わせているように思われた。
春寒 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
けれど首将みずから剣槍の中を駈けあるき、歩兵や騎兵を叱咤し廻る戦闘ぶりに変りはなく、武敏の手にある一もすでに血ぬられて
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そら! またが流れたぞ! もう一つ、紅い傷口がひらくだろう——ひっそりと落ちる闘牛場の寂寞——。
室の中を見ると、狛錦倭文などのの盗まれた神宝があった。
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
其処にはピカドル(槍役)が馬上にを掻い込んで待っている。ピカドルの足は重そうな脛当で保護されている。馬は左の腹を板囲いにくっつけ、右の腹を牛の攻撃に曝している。
闘牛 (新字新仮名) / 野上豊一郎(著)