“見廻”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みまわ58.6%
みまは29.3%
みま7.1%
みめぐ4.0%
まわ1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今まで無邪気に天空で戯れていた少年が人のいない周囲を見廻し、ふと下をいたときの、泣きだしそうな孤独な恐怖がれていた。
微笑 (新字新仮名) / 横光利一(著)
さん!』とつてちやんは、けやうとして氣遣はしげにりを見廻し、『さア、これで解散しやうぢやありませんか!』
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
手燭に照して見廻わせば、地に帰しけん天に朝しけん、よもやよもやと思いたる下枝は消えてあらざりけり。得三は顛倒して血眼になりぬ。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
贋探偵の銀平が出去りたる後、得右衛門はなお不審晴れ遣らねば、の内を見廻るに、畳に附たる血のあり。一箇処のみか二三箇処。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
と、母親えました。するとみんな一生懸命、グワッ、グワッと真似をして、それから、あたりのきな見廻すのでした。