“みまわ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
見廻42.4%
33.1%
見回5.8%
3.6%
見巡2.2%
見𢌞1.4%
三廻1.4%
1.4%
1.4%
視回1.4%
視廻0.7%
環視0.7%
四顧0.7%
回顧0.7%
巡廻0.7%
監督0.7%
0.7%
0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鷲尾は礼を述べて赤ン坊を受取ると、いくらかラクになった気持で四辺見廻した。夜中ででもあるか、車内は眠ってる人が多かった。
冬枯れ (新字新仮名) / 徳永直(著)
そのままには帰らないで、溝伝いにちょうど戸外に向った六畳の出窓の前へ来て、背後向りかかって、前後して、ぼんやりする。
葛飾砂子 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
宗助はどこへ行って、宜道のいる所を教えて貰おうかと考えながら、誰も通らない路の真中に立って四方を見回した。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
すらすら入りざま、ぴたと襖を立籠めて、中央に進み寄り、愁然として四辺し、坐りもやらず、を襟にみて悄然たる、お通のれたり。
琵琶伝 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それゆえ友人に頼み、ついでの時に見巡ってもらったが、彼が墓所へ行ったつど、報告してくれるに、いつでもいつでも草はきれいにられ、周囲がすこぶる整然していると。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
から頭部げて、覚束ないつきをして、あちこち見𢌞したのでございます。
法壇を二廻三廻り緋のして輪に歩行いた。
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
微笑みながら、謙造は四辺
縁結び (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
また境内の中央に立ちて、もの淋しくしぬ。山の奥にも響くべくじき音して堂の扉をす音しつ、としてものも聞えずなりぬ。
竜潭譚 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
かくなることとは露知らざりしも、かくなる上はわれが殺せしと言わるるとも言い開くべきようなし、悲しいかなやんぬるかなと、彼は怨めしげに自身の手足を視回しては太息し
空家 (新字新仮名) / 宮崎湖処子(著)
尚お視廻すと、壁は元来何色だったか分らんが、今の所では濁黒い変な色で、一ヵ所れを取繕ったが目立って黄ろいを描いて、人魂のように尾を曳いている。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
何時の間にか掃除したんだよ。それでも奇麗になったわ」、と雪江さんは部屋の中を視廻していたが、ふと片隅に積んであった私の荷物に目を留て、「貴方の荷物って是れ?」と
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
ト言い懸けて敢て言い詰めず、宛然何か捜索でもするように愕然として四辺環視した。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
ト言ったその声が未だ中有徘徊ッている内に、フト今年の春向島観桜に往った時のお勢の姿を憶出し、どういう心計蹶然と起上り、キョロキョロと四辺環視して火入に眼をけたが
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
さももったいらしくほとんど眉ぎわよりはえだした濃い縮れ髪を撫でて、鷹揚にあたりを四顧して、さてまたソッと帽子をかぶッて、大切な頭をかくしてしまった。
あいびき (新字新仮名) / イワン・ツルゲーネフ(著)
足取も次第々々にかになって、には虫のう様になり、悄然をうな垂れて二三町程も参ッた頃、不図立止りて四辺回顧し、駭然として二足三足立戻ッて、トある横町へ曲り込んで
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
悪い奴が多いから、庭前の忍び廻りは遠山權六で、雨が降っても風が吹いても、嵐でも巡廻るのでございます。天気のい時にも草鞋穿いて、お馬場口や藪の中を歩きます。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
皆の仕事を監督りかたがた、墨壺墨さし矩尺もって胸三寸にある切組を実物にする指図命令
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
路地を、行願寺の門の外までも出て、の前後をした。人通りも、もうなくなる。……釣には行つても、めつたにあけた事のない男だから、余計に気に懸けて帰りを待つのに。
夜釣 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
第一要害がまるでりません。真中へ立ってあっちこっちしただけで、今入って来た出口さえ分らなくなりましたほどです。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)