琵琶伝びわでん
新婦が、床杯をなさんとて、座敷より休息の室に開きける時、介添の婦人はふとその顔を見て驚きぬ。 面貌ほとんど生色なく、今にも僵れんずばかりなるが、ものに激したる状なるにぞ、介添は心許なげに、つい居て着換を捧げながら、 「もし、御気分でもお悪い …
作品に特徴的な語句
おまえ たっ おら 彼女あのこ うなじ 微笑えみ いた たゆ うち 老夫じい おり あっ うべ かたえ よさ 罷出まかんで つやや 帰途かえるさ 不可いけね うむ 退すさ 奥様これ いい ひやや 判然きっぱり 老夫じじい じゃく くわだて しずか えば なり あやぶ じょう うき しぼ おれ またたき つめ ことば あまり 俯伏うつぶし たのしみ こうべ みまわ ごし はり こと むすめ いた 通知みちとも 大急おおいそぎ 夜半よわ おもい あやし かさな いま もの やわら 眼張がんばっ もと 魅入みいり かしこま あた ひと 立籠たてこ もれ 駈出かけい うぬ すこし すさ くれない あらた せな こぼ 尋常ただ 弁疏いいわけ くら まなこ 平時つね かすか さしはさ 床杯とこさかずき 座右ざう ぬぐ 肯分ききわけ 詮方しかた つか 犠牲いけにえ けだ 烏金しゃくどう 激昂げきこう 此方こなた