冬枯れふゆがれ
この南九州の熊本市まで、東京から慌ただしく帰省してきた左翼作家鷲尾和吉は、三日も経つともうスッカリ苛々していた——。 朝のうちは、女房が洗濯を終るまで子守しなければならぬので、駄菓子店である生家の軒先の床机を出して、懐中の三番めの女の児をヨ …
作品に特徴的な語句
阿母ふくろ 平常かね ゆさ うな しゃ おび かす 壮健げんき じじ いちじ かた 微笑わら うつ 候間そうろうかん こえ なつか 年老としお 合槌あいずち あぜ 不可いか いや ゆわ のの 頬被ほおかむ かむ しな おち いじ おさ 襁褓むつ 尻端しりばし ぬり さえ うなり しゃ 疾走はし つかれ とっ あぶ ひそ ほと 橋桁はしけた ごう 義兄にい しば 肥汲こえくみ うなず てい うった たび 床机しょうぎ たず あか ふさが 執拗しつこ きし おとがい かたき 半程なかばほど くだ 馴染なじ へこ かんむり さま