空家あきや
麑島謀反の急報は巻き来たる狂瀾のごとく九州の極より極に打てり、物騒なる風説、一たびは熊本城落ちんとするの噂となり、二たびは到るところの不平士族賊軍に呼応して、天下再び乱れんとするの杞憂となり、ついには朝廷御危しとの恐怖となり、世間はみずから …
作品に特徴的な語句
はや かざ ざわ きょ いな よし くゆ 何方いずかた いら かた ゆる むこ 湿 おさ おく きた ながら あた あら のぞ すそ おく かご いだ ゆが おんみ がく ぐら 煮染にし こが はず わらわ 一個ひとり 薯蕷やまのいも 旦暮たんぼ ふる さぐ なつ もう かか まろ 温味ぬくみ くび あやま つか 両個ふたり おわ まさ つら まば 甘木あまぎ かた 古苔ふるごけ つど 名残なご 粘墨ねばずみ くら とも しゃく かえ うかが あつ こも 老媼おうな 緩々ゆるゆる 蒼顔そうがん かご おい うらや 磨滅まめつ 絳衣こうい かわら なわ 黄昏たそがれ ののし とな 蓮根れんこん 空閨くうけい 蓮華れんげ