“哲学”のいろいろな読み方と例文
旧字:哲學
読み方割合
てつがく50.0%
テツガク12.5%
フィロソフィ12.5%
フィロソフィー12.5%
フヒロソフヒー12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
カントの超絶哲学余姚良知説なりとども臍栗牽摺すのかに生臭坊主南無阿弥陀仏ばず。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
カツテハ、哲人、ヘエゲルノデアッタ。哲学ハ、ヘノデハナクテ、真実トシテ成立セシムベキ体系知デアル、ヘエゲル先生ノコノ言葉一学兄エラレタ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
時々そんなような勉強に飽きて来ますと、妾を捕まえまして科学とか哲学とか英語のまじったむずかしいお話をしかけますけれども妾にはちっともわかりません。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
代助に取っては二つのうち何れも不可能であった。人生に対する自家の哲学の根本に触れる問題に就いて、父をくのは猶更不可能であった。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
代助に取つては二つのうちれも不可能であつた。人生に対する自家の哲学の根本に触れる問題に就いて、を欺くのは猶更不可能であつた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)