“たい”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:タイ
語句割合
18.5%
17.4%
12.2%
11.4%
7.8%
7.0%
4.2%
2.9%
2.5%
2.3%
2.1%
1.8%
1.1%
1.0%
1.0%
0.8%
退0.7%
0.5%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
他意0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
田居0.3%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
詫異0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と言って、それから特に小さい者だけが来るようにと東ののほうへ童女を呼びにやった。しばらくして愛らしい姿の子が四人来た。
源氏物語:05 若紫 (新字新仮名) / 紫式部(著)
「凡そ事物の久遠に垂るる者は、(中略)切実のあるを要す」(芥舟学画編)とは、文芸の上にも確論だと思ふ。(十月六日)
雑筆 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
あやしげな長芋のお、こぶ巻、ご馳走といっても、そんな程度だが、倹約家の土肥半蔵にしては、大散財のつもりなのである。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
すなぞは、あなたつてゐるやうに、したではありません。どうせふとなれば、されるのです。
藪の中 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
浴室からもえて、りと湯氣すと、ほかの土地にはりあるまい、海市する、山谷蜃氣樓つた風情がある。
飯坂ゆき (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
この二つは、共に比較的あたらしい改良であって、以前はなるべくらな、まっすぐな棒を、少しもけずらずに使うのがであった。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
はゐなかつたか? あそこは一なぞには、はひれないでございます。しろとは、たつてりますから。
藪の中 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
何故かとすに、から見渡す一景色が、どうても昔馴染三浦西海岸何所やら似通ってるのでございますから……。
しかれ彼等を生んだは、——大いなる民衆は滅びない。あらゆる芸術は形を変へても、必ずそのうちから生まれるであらう。
闇中問答 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
だが、その典医たちがくるよりも、鐘巻一火門下壮士をしたがえてそこへ飛んできたほうが一足ばかり早かったのである。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
夕立雲立籠めたのでもなさゝうで、山嶽きは墨染法衣ねて、袈裟した、大聖僧がないでもない。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
しかるにその日偶然にも二の上人の作が私の目に映ったのです。目に映ったという方が応わしいでしょう。
民芸四十年 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
さてまた此大したお金を何ぞいことにと思ふにつけ、さき/\のが胸のに浮んで来たが、れも夢か幻のな考へでした。
黄金機会 (新字旧仮名) / 若松賤子(著)
くかららうとしてひのかいで一かしたので、何處でもつたやうなひをつてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
私達の立つてゐる北山公園の一部には、若葉の蔭に楡銭がを成して散り重なり、何処からか柳絮が飛ぶのであつた。
目科は其声高しと叱り鎮めて「いや此傷は、なにした事でも有ますまいが何分にも痛むので幸い貴方が医学生だから手当をて貰おうと思いまして」
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
浜野知三郎さんのに拠るに、「北条子譲墓碣銘」は山陽の作つた最後の金石文であらうと云ふことである。霞亭の家は養子退が襲いだ。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
戴きましょうだが、毎月その扶持米をげていたい。モ一つでにその米をか粥にて貰いたい。イヤ毎月と云わずに毎日いたい。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
とにもかくにもさんの所へ、知慧を借りに出かけようとすると、ちょうどそこへその泰さんの所から、電話がかかって来たじゃありませんか。
妖婆 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「ほんとうに蛇なら、いい人がいる、白馬廟の前に、蛇捉という先生がいる、この人に頼もうじゃないか」
雷峯塔物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
固より壊空の理をして意欲の火炎を胸に揚げらるゝこともなく、涅槃の真をして執着の彩色に心を染まさるゝことも無ければ、堂塔を興し伽藍を立てんと望まれしにもあらざれど
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
主税は、当初から酔わなきゃ話せないで陶然としていたが、さりながら夫人、日本広しといえども、私におてくれたは、お蔦の他ありません。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そもそも仏国の土国をするを見るに、友誼懇親によるのほか、さらに他意あらず。ゆえに土国のために害ある約はべからず。この理、領解しきにあらず。
で、周馬の空表情を、他意なくうけいれるさまに
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
主義慣習雄辯説明するものゝ一は歴代遷都史實である。
日本建築の発達と地震 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
だがらな道でもくことはあるものですし、しょせん人間の運命とはそうしたものです。大本においては誤らぬまでも、区々たることについては間違うものです。
決闘 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
立去り我が家へ歸りりしこともとも成しとて夫より只管菩提らはんと思ひを供へ香をて只々一途に後生を願うて所に其夜丑刻頃と思ふ折しも表の戸を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
それに——本村を遠く離れた、時はずれの、人まぬ田居ばかりである。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
もコンナのはその中でも特別えの一例だがね……呉モヨ子は、夫人の心理を夢中遊行で繰り返すと同時に、その姉の夫人が
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
そうしてその記憶のにタッタ一つ美しいモヨ子……一千年前の犠牲であった夫人に生写しの姿がアリアリと浮出した
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
カチインと※ず※てくる球突きはさういふ塲面空氣對應して、いかにもじの美しい、何ともいへない舞効果をなしてゐる。
文壇球突物語 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
『はあ——ナニ、したことでも無かつたんです。』と答へて、丑松は気を変へて
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
……その時田沼は感激して、涙を流したということだ。……それだのに私のお父上が、この世を辞してからというものは、千沙汰の限りの態だ。
十二神貝十郎手柄話 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
〔譯〕心をと爲す。其の條理情識く、之をと謂ふ。欲に公私有り、情識の條理に通ずるを公と爲す。條理の情識にるを私と爲す。自ら其のとをずるは、即ち心のなり。
してとし、夜は樹根岩窟寝所となし、生木となし、たまゝにて寝臥をなす。
全校腕白でも數學でも。しかるに天性きなでは全校一の名譽志村といふ少年はれてた。
画の悲み (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
、人をとあれば也、雪中のふべし、しかれば雪蛆は雪中の蛆蠅也。木火土金水の五行中皆虫をず、木の虫土の虫水の虫はに見る所めづらしからず。
五色に透いて輝きまするの皮三十六枚、沙金七十
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
い彼蘭軒が少い此山陽をして、を俯して筆耕を事とせしめたとすると、わたくしは運命のイロニイに詫異せざることを得ない。わたくしは当時の山陽の顔が見たくてならない。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
字書暴風ともあればよくへるにや。さて雪頽雪吹て雪国の難義とす。高山の雪は里よりもく、るも又里よりはし。我国東南の山々にちかきも雪一丈四五尺なるはしとす。