“壊空”のいろいろな読み方と例文
旧字:壞空
読み方(ふりがな)割合
えくう50.0%
ゑくう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“壊空”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
もとより壊空えくうの理をたいして意欲の火炎ほのおを胸に揚げらるることもなく、涅槃ねはんの真をして執着しゅうじゃく彩色いろに心を染まさるることもなければ
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
まなこは人世の紛紜に厭きて半睡れるが如く、固より壊空ゑくうの理をたいして意欲の火炎ほのほを胸に揚げらるゝこともなく、涅槃ねはんの真をして執着の彩色いろに心を染まさるゝことも無ければ
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)