決闘けっとう
ボギモヴォ村、一八九一年 朝の八時といえば、士官や役人や避暑客連中が蒸暑かった前夜の汗を落しに海にひと浸りして、やがてお茶かコーヒーでも飲みに茶亭へよる時刻である。イヷン・アンドレーイチ・ラエーフスキイという二十八ほどの、痩せぎすなブロンド …
作品に特徴的な語句
マイマス はね プラス もの せい やま 思想イデー 精神モラル 安息やすらぎ 家庭とこ 主人たく おお 外面うわべ 主人やど ため 火光ほかげ かつ あが せい たい しゅ くら しずく つか 船中ふね 昼餐おひる そら あしら あや 目的あて 箍骨わぼね ゆわ あかり もぐ 動物フォーナ つくえ しる 呼気つくいき しゃが 囈語たわごと 肩章エポレット ちゃ やさ わた 茶亭パヴィリオン おっと 媚態コケトリイ はし あしな おとな おん 破格ブロークン しゅ 穿うが くぼ うつ 汽船ふね 肉腫サルコマ 旱魃ひでり 情婦おんな じょう たち しん 御許みもと 出会でくわ しわが 雷雨ゆうだち ゼロ もと 地面じべた 韃靼ダッタン 銃丸たま 唖鈴ダムベル そと しか しろがね 大本おおもと ひと とう ゆる 骨牌カルタ 家庭うち からだ てい 今日きょう
題名が同じ作品
決闘 (新字旧仮名)坂口安吾 (著)
決闘 (旧字旧仮名)萩原朔太郎 (著)