藪の中やぶのなか
さやうでございます。あの死骸を見つけたのは、わたしに違ひございません。わたしは今朝何時もの通り、裏山の杉を伐りに參りました。すると山陰の藪の中に、あの死骸があつたのでございます。あつた所でございますか?それは山科の驛路からは、四五町程隔たつ …
作品に特徴的な語句
しやう がふ 微笑びせう さえづ さい はづか おろ 女房にようぼう どほ うへ たい おそろ はぢ さいは ねたま をつと るゐ 頬張ほほば 仰向あをむ 極刑ごくけい 物詣ものまう まへ 永久えいきう さむらひ 悄然せうぜん ちひ わらは 血相けつそう 中有ちうう 女好をんなず をんな たし 嘲笑てうせう はう とほ あひだ ほん うしろ 箇所かしよ 山路やまぢ 手痛ていた 小刀さすが たづ うしな たて ゆび だい そん うづ がた 昨夜さくや おこ かは はじ 造作ざうさ ほとんど 遺恨ゐこん ちやう あが めん かは もと なに たい 一聲ひとこえ たふ きず 拍子ひやうし 黒塗くろぬ 蘇芳すはう むすめ 血潮ちしほ はじ 馬蠅うまばへ なか うば 拷問がうもん 行方ゆくへ 洛中らくちう 顏色がんしよく 國府こくふ 因縁いんえん
題名が同じ作品
藪の中 (新字新仮名)芥川竜之介 (著)