“公私”の読み方と例文
読み方割合
こうし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このところさすがの忠相も公私板ばさみのかたちでいささか当惑していたのだったが——。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
〔譯〕公私は事に在り、又情に在り。事公にして情私なるもの之有り。事私にして情公なるもの之有り。政を爲す者は、宜しく人情事理輕重の處を權衡して、以て其のを民に用ふべし。
尋ねるはひ小川町にて其頃評判の御殿醫武田長生院方に人の入用ありと口入の者に頼みて此處に住込ける此長生院と申は老年に名醫のえあれば大流行にて毎日々々公私の使ひ引も切らず藥取の者其外門前に
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)