“こうし”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コウシ
語句割合
格子39.9%
16.1%
孔子11.4%
嚆矢7.8%
仔牛2.7%
後嗣1.9%
高士1.5%
公子1.5%
交趾1.2%
犢牛1.0%
皓歯1.0%
行使0.7%
貢士0.7%
公使0.7%
公私0.7%
孝子0.7%
紅紫0.7%
黄氏0.7%
庚子0.5%
公司0.5%
甲子0.5%
膏脂0.2%
光矢0.2%
公嗣0.2%
厚志0.2%
厚紙0.2%
垢脂0.2%
好嗜0.2%
好詩0.2%
子牛0.2%
寇氏0.2%
小牛0.2%
広施0.2%
康子0.2%
後肢0.2%
晧糸0.2%
甲士0.2%
甲紙0.2%
皎歯0.2%
皓矢0.2%
硬嘴0.2%
緱氏0.2%
興旨0.2%
蒿矢0.2%
行止0.2%
講師0.2%
鉱滓0.2%
閧死0.2%
降使0.2%
高熾0.2%
鬨死0.2%
黄紙0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
比較的間口の広いその玄関の入口はことごとく格子で仕切られているだけで、唐戸だのだのの装飾はどこにも見られなかった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
最近私は烏や、豚や、家鴨や、の叫び声を完全に真似する行商人に逢った。また私は、気のいい一人の老人(図271)を写生した。
彼も孔子って、述べて作らぬ方針をとったが、しかし、孔子のそれとはたぶんに内容をにした述而不作である、司馬遷にとって
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
それはかの通俗小説の作家として今ではう忘れられようとしている Paul de Kock を以て嚆矢見做さなければならぬ。
夏の町 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
優しい眼をした黄と白の斑牛が寝そべっていて、可愛い仔牛がいたが、生きた牛のにいった事はないし、臆病な私はかった。
後嗣はひとりの娘なので、両親は娘のために銀行の使用人の中から実直な青年を選んで娘の婿に取つた。
蝙蝠 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
「さればです。もしあなたが、今の憂いを払わんと思し召すなら、いちどその高士鄭玄をお訪ねなされては如何かと?」
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
菊植ゆるまたはの窓の竹格子なぞの損じたるをら庭の竹藪より竹切来りて結びつくろふもまた家をなる白馬銀鞍公子たちが知る所にあらざるべし。
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
舞え! 京都の柔弱兒を驚かせてやれ! 注げ! 酒だ! イスパニアの酒だ! ……安南交趾から献上した
血ぬられた懐刀 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
只一つの心当りにしている客機(宿屋)をやっと見つけ出すとその院内へずっと進んだ、すると院内にごろごろしていた犢牛のような野良犬が一番に吠えながら私をとりまく
怪談 (新字新仮名) / 平山蘆江(著)
夜は、君の脱いだ靴の奥へ潜り込んでぐっすり眠るだろう。そのぽけっと猿が、肥った料理人の手の平から星へ向って小粒な皓歯いていた。
(考える)だがわしは長い間の役目の経験で知っている。一番安全に役目を果たす方法は、いかなる場合にも文書の文字どおりに行使することだということを。
俊寛 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
いな、御誓文は、当時すでに実行されて、各藩選出の徴士貢士が、後年の代議士のやうに国政に参与してゐたのである。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
明治政府になツてからも、しくお役人大頭に加へられてゐて、頭は古いが馬鹿でなかツたので、一度は歐羅巴駐剳公使になツたこともある。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
〔譯〕公私は事に在り、又情に在り。事公にして情私なるもの之有り。事私にして情公なるもの之有り。政を爲す者は、宜しく人情事理輕重の處を權衡して、以て其のを民に用ふべし。
気がついた秋山要介は、孝子に犬死させたくない、ヨーシ、追いついて後見してやろう! 助太刀してやろうと決心し、袴の股立取り上げた途端
剣侠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
林のれは広い草原になっていた。そこに十坪位の小さい池があってきれいな水をえていたが、その池のにも紅紫とりどりの躑躅や皐月の花があった。憲一はその池のへ往って腰をかけた。
藤の瓔珞 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
とまれ、孔明の家がらというものは、その叔父だった人といい、また現在呉に仕えている長兄の諸葛瑾といい、彼の妻黄氏の実家といい、当時の名門にちがいなかった。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「右喜三二随筆後昔物語一巻。借好間堂蔵本。友人平伯民為予謄写庚子孟冬一校。抽斎。」庚子は天保十一年で、抽斎が弘前から江戸に帰った翌年である。平伯民は平井東堂だそうである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
現にジヨホオルで護謨林を経営して居る日本人は三井の二万五千エエカア、三五公司阿久澤)の二千町歩をとし、二三百エエカアの小経営者は数十人に
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
本年三十二歳、甲子ノ年、乙丑ノ月、丙寅ノ日、丁卯ノ時刻に生れました。……が先生、金が入るとか、損するとか、そんな日常茶飯事は、貴筮に伺う必要はありません。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
呼吸をするたびに、その胸の線がまるで白鳥の胸のやうに豊かにふくらんだ。膏脂が体内に沈澱して何か不思議な重さで彼女自身をくした。
青いポアン (新字旧仮名) / 神西清(著)
彼女はを厚い毛の靴下で包んだ。膏脂れた彼女の皮膚は痛々しく秋風に堪へなかつた。いつか彼女の手のには化粧の匂ひが消えずに残りはじめた。
青いポアン (新字旧仮名) / 神西清(著)
電灯の光矢がぶつかって、花火のように音を発して散った。私はこの意味の不明瞭な手品に見入っていた。
踊る地平線:09 Mrs.7 and Mr.23 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
新帝劉禅、公嗣。ときまだ御年は十七歳であったが、父の遺詔を奉じて、よく孔明を敬い、その言を尊んだ。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「君の厚志なくば、、今日の事あらんや。いまその功を口にべ、労を謝せんとするも、思いまって、いわんと欲するも語極まる……」
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
頷きながら、厚紙に当てたまま、しばしは口をきき得ない。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これらの疲労した川筋を通して一年に七千四百万貫の塵芥を吹き、六十万糞尿て、さらに八億立方にも余る汚水を吐き出す此の巨大な怪獣の皮腺かられる垢脂に過ぎないのだから。
水に沈むロメオとユリヤ (新字旧仮名) / 神西清(著)
新婦の為めに老夫婦は骨肉の父母に非ざるお其上に、年齢も異なり、衣服飲食百般の事に就て思想好嗜の同じからざるは当然の事にして、其異なる所のものをして相互に触れしむるときは
新女大学 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
それではいくら佳句好詩ができたにしても、る当人の愉快はただ二三同好の評判だけで、その評判を差し引くと、に残るものは多量の不安と苦痛に過ぎない事に帰着してしまう。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
細君不安なりに同意して、その乳しぼりをおいてやることになった。牛舎のほうでは親牛子牛とをけて運動場にだしたから、親牛も子牛もともによびあっていてる。
(新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
「もと寇氏の子で、寇封といいます。幼少から父母をうしなったので、わが子同様に養ってきたものです」
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そこへまた、のやうに怒鳴がしたかとふと、小牛ほどもあるがピユーツとちてきて、真向からラランのからだをばした。
火を喰つた鴉 (新字旧仮名) / 逸見猶吉(著)
例外をなすのは、前にあげた康子薬をるの一節のみであろう。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
開いた前肢り嘲り、巨躯を掻き、またきうつ後肢
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
晧糸水平に飛んで、発矢! と小娘の頭に刺さった……と見る! 剣鋩、かすかに人体をそれて、突き立ったので、仰天した観覧人たちがホッと安堵の胸をなでおろす間もあらばこそ
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
親王は金冊金宝を授けられ、歳禄万石、府には官属を置き、護衛の甲士き者は三千人、多き者は一万九千人に至り、冕服車旗邸第は、天子にること一等、公侯大臣も伏して而して拝謁す。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
同じ全羅道内でも南道ではこれを三甲紙乃至六甲紙に分ち、北道では三倍紙乃至八倍紙に分けるのだという。もとより数の増すのは厚さが増すのを意味する。
全羅紀行 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
黒髪皎歯清麗真珠の如く、艶容人魚の如き瑠璃子は、その聡明なる機智と、その奔放自由なる所作とを以て、彼女を見、彼女に近づくものを、果して何物に化せしめるであろうか。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
つづいて四剣、五の剣——と皓矢、生けるもののごとく長尾をひき、陽に光り風を起こし、左膳をめがけて槍ぶすまのようにつつんだ……ものの!
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
鉤形硬嘴爛々たるその両眼、微塵ゆるがぬ脚爪の、しっかと岩角にめりこませて、そしてまた、かいつくろわぬ尾の羽根のかすかな伸び毛のそよぎである。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
『類函』に『伝異志』を引いて唐の天宝中河南緱氏県仙鶴観毎年九月二日の夜道士一人天に登るといって戸を締む、県令張竭忠これを疑いその日二勇者に兵器を以て潜み窺わしむ
馬琴の父は興蔵といって松平信成の用人であったが、馬琴の幼時死亡した。家は長兄の興旨が継いだが故あって主家を浪人した。しかし馬琴だけは止まって若殿のお相手をしたものである。
戯作者 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
今に至ってもその辺の土人は兎をらぬと見え、また後漢の劉昆弟子常に五百余人あり、春秋の饗射ごとに桑弧蒿矢もて兎の首を射、県宰すなわち吏属を率いてこれをたとあり
は命を受けて憂懼すところを知らず、情誼を思えば燕王にくに忍びず、勅命を重んずれば私恩を論ずるわず、進退両難にして、行止ともにく、左思右慮、心に決する能わねば
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
天平の時には開眼師・菩提僧正以下、講師読師輿に乗り白蓋をさして入り来たり、「堂幄」に着すとある。また衆僧・沙弥南門より参入して「東西北幄」に着すとある。
古寺巡礼 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
土地の者はただ八幡社と呼んでいるが、じつは武田八幡といって、武田氏の始祖をったものらしい、とか。いもじというところは、古い鉱滓などがころがっている。
山彦乙女 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
為高麗国在陣之間敵味方閧死軍兵皆令入仏道也といふ文字がつけてあつた。
仏法僧鳥 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
としたら、一刻もはやく、降使って、無益な戦いは避くべきではございませんか。そのお使いなら、谷忠兵衛、ただちに、おをうけて、羽柴方へ交渉に参りましょう
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
、太子高熾羣小めらるるや、告げて曰く、殿下はに誠をして孝敬に、孳々として民をみたもうべきのみ、万事は天に在り、小人は意をくに足らずと。識見亦高しというべし。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
為高麗国在陣之間敵味方鬨死軍兵皆令入仏道也という文字が彫つけてあった。
仏法僧鳥 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
「オオ願おう。一同もこれに集まってと下にいて聞くがいい。そうだ、蕭譲は筆をとって黄紙にそれを書き写せ」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)