“黄氏”の読み方と例文
読み方割合
こうし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雷峰とは西湖の湖畔にある塔の名で、呉越王妃黄氏の建立したものであるが、『雷峰怪蹟』では奇怪な因縁から出来たものとせられている。
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
とまれ、孔明の家がらというものは、その叔父だった人といい、また現在呉に仕えている長兄の諸葛瑾といい、彼の妻黄氏の実家といい、当時の名門にちがいなかった。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そのうちで雷峯塔は呉越王妃黄氏建立したものであるが、西湖の伝説を集めた『西湖佳話』では奇怪な因縁から出来あがったものとなっている。
雷峯塔物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)