“諸葛瑾”の読み方と例文
読み方割合
しょかつきん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
玄徳のたのみとする人物は諸葛孔明一人といっていいでしょう。その孔明の兄諸葛瑾は、久しく君に仕えて、呉にいるではありませんか。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
で、兄の諸葛瑾の次男、をもらって養子としていた。は呉の重臣なので当然、その主孫権のゆるしを得たうえで蜀の弟へ送ったものであろう。
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それに侍立する文武官の顔ぶれを見れば、左の列には張昭顧雍張紘歩隲諸葛瑾虞翻陳武丁奉などの文官。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)