“陳武”の読み方と例文
読み方割合
ちんぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここにまた、盧江松滋(安徽省・安慶)の人で、陳武子烈というものがある。陳武と周瑜とは同郷なので、かねて通じていたものか
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それに侍立する文武官の顔ぶれを見れば、左の列には張昭顧雍張紘歩隲諸葛瑾虞翻陳武丁奉などの文官。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
呂蒙甘寧の二大将を先手とし、蒋欽潘璋の二軍を後陣に、しかも中軍には、孫権みずから、周泰、陳武徐盛董襲なんどの雄将と智能を網羅した優勢をもってそれに臨んだのであるが
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)