“陳列”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ちんれつ88.9%
なら11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“陳列”を含む作品のジャンル比率
総記 > 団体 > 博物館100.0%
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究4.5%
芸術・美術 > 彫刻 > 彫刻史 各国の彫刻1.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それはまたべつ博物館はくぶつかん陳列ちんれつしてありますから、みなさんはそこにつてください。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
陳列品ちんれつひんすぐれたものがおほいとか、陳列ちんれつ方法ほう/\いとか、いろ/\の事情じじようがあつて
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
会場の中でも大きな四方硝子ガラスの箱のとびらをはずして真ん中へ敷き物を敷いて四ツの狆を陳列ならべました。