血ぬられた懐刀ちぬられたかいとう
別るる恋 「相手の権勢に酔わされたか!ないしは美貌に魅せられたか!よくも某を欺むかれたな!」 こう罵ったのは若い武士で、その名を北畠秋安と云って、年は二十三であった。 罵られているのは若い娘で、名は萩野、十九歳であった。 罵られても萩野は黙 …
作品に特徴的な語句
はか つがい こまやか おこ 承知 嬰兒うぶこ ぬきで 比較ひきくらべ 燈火ひかり のり 悪戯いた 武士ざむらい もう くわだて 処女おぼこ わたくし おのれ ぼっ 主殿おもや ひろ しのび 燈火 入用 垂布タピー なの 幾年いくつ つもり 時明ときあきら 暹羅しゃむ おやじ わし 交際つきあい 京都みやこ 依頼たのみ わし 其方そなた 刺繍ぬいとり 周章あわて 夫婦めおと わたし せい 宿しゅく 恍惚うっとり 意志こころ 手障てざ つか 故以いわれ 普通なみ それがし 治部ちぶ 燈火ともしび 狩野かの 由緒よし べに くび ちぢ はぎ うねり わか たず よしみ 蹣跚よろめ 金屏きんぺい うまやじ 不可いけ 丹波たんば 交趾こうし ちん 他人ひと 仙石せんごく 以来このかた まか 伴作ばんさく とぎ 住居すまい はべ 侍女こしもと 侫奸ねいかん そば 側室そばめ 先刻さっき 其方そち 内膳ないぜん まる 処女おとめ わか はげ 千浪ちなみ 古沓ふるぐつ 各自めいめい 呂宋ルソン 和兒わこ