“千浪”の読み方と例文
読み方割合
ちなみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とその黄昏に福知山の納戸頭正木作左衛門の玄関へ、こうきこんだ男は、娘の千浪の供をして生田の競馬へ行った仲間の五平であった。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
千浪と申します」
血ぬられた懐刀 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
同人娘 千浪 十九歳
煩悩秘文書 (新字新仮名) / 林不忘(著)