“千曲川”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちくまがわ74.1%
ちくまがは22.2%
ちくまかは3.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こういう谷が松林の多いんで、古城の附近に幾つとなく有る。それが千曲川の方へ落ちるに随って余程深いものと成っている。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
現に根本三之助の乱暴を働いた頃にも、その村の相談役で、千曲川投込んでへと決議した人の一人であつたといふ。
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
我国の鮏は初秋より北海を千曲川阿加川両大河る、これ其子をんとて也。女魚男魚てのぼる。る事およそ五十余里、河に事およそ五か月あまり也。