“納戸頭”の読み方と例文
読み方割合
なんどがしら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とその黄昏に福知山の納戸頭正木作左衛門の玄関へ、こうきこんだ男は、娘の千浪の供をして生田の競馬へ行った仲間の五平であった。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
納戸頭金右衛門という老人が待兼ねておったように大屏風の蔭から立現われた。
名君忠之 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
法親王および諸僧正を京都より迎え、江戸にある老中はもとより、寺社奉行、大目付、勘定奉行から納戸頭までも参列させ、天台宗徒をあつめて万部の仏経を読ませ、諸人にその盛典をみせ
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)