“納戸縮緬”の読み方と例文
読み方割合
なんどちりめん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宿屋の亭主風情に見くびられたと思っての腹立ちか、懐中からずる/″\と納戸縮緬の少し汚れた胴巻を取出し、汚れた紙に包んだを見ると
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
と、老人は女物の古裂で作った色のさめたお納戸縮緬襟巻の中へ寒そうに首をちぢめて、やに下った形で云った。
蓼喰う虫 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
れはしまじと打過けるに或日朝まだきに吉原土手を千住へ赴かんと鐵砲笊にかけて行過折柄向ふより御納戸縮緬頭巾唐棧揃ひの拵へにてつきの駒下駄穿身奇麗なる若い者此方
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)