“納戸口”の読み方と例文
読み方割合
なんどぐち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
街道を突っ切って辣薤葱畑を、さっさっと、化けものを見届けるのじゃ、静かにということで、婆が出て来ました納戸口から入って、中土間へ忍んで、指さされるなりに
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
江戸留守やはえて納戸口 露竹
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)