“正木”の読み方と例文
読み方割合
まさき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とその黄昏に福知山の納戸頭正木作左衛門の玄関へ、こうきこんだ男は、娘の千浪の供をして生田の競馬へ行った仲間の五平であった。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この女神は日蔭を襷にかけ、正木の鉢卷をして、笹の葉を手に持ち、足拍子を取りながら扉の前で踊り出すといふ滑稽さであつた。
桃の雫 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
「そんなはずはありませんよ。昨日正木が見ていて僕の方が高いといいました。お姉様は内藤君にひいきしている」
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)