苦心の学友くしんのがくゆう
夕刻のことだった。 「内藤さん、速達!」 と呼ぶ声が玄関からきこえた。郵便物と新聞は正三君がとりつぐ役だ。 「お父さん、速達ですよ」 「ふうむ。何ご用だろう?」 とお父さんはいずまいを直して、大きな状袋の封をていねいに鋏で切った。伯爵家から …
作品に特徴的な語句
つむ じょう ちょ あざむ とう しょ うわ めん いと 上下しょうか あく はずか ごん ぎゃく らい ぷん かく 天道てんどう しも おとこ 退しりぞ ブラック まっと とど おそ しょ こころざ こえ せい 仇討かたきう 幾日いつか 謝罪しゃざい がく 同胞どうほう ずい ぜん 山賊やまがつ おのれ 仇討あだう 明朝みょうちょう ぶん とく あぶ 肥溜こえだ おお てい けん ばん そん あず かい わし 相好そうこう あま 大勢たいせい 相応そうおう めい しつ 一々いちいち ひま 嘆息たんそく 明日あした 執念しゅうねん つか まね 家中かちゅう たく よめ 将来しょうらい 幾度いくど むすめ 姫様ひめさま 待遇たいぐう 後々あとあと したが はじ 扶持ぶち あつか 我々われわれ そう 心得こころえ 徳利とっくり うば