“柾”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まさ73.3%
まさき26.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
前に大溝の幅広い溝板が渡っていて、でがっしりした格子戸った平家の入口と、それに並んでうすく照りのある土蔵とが並んでいた。
蝙蝠 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
と見ると文治郎水色に御定紋染帷子、献上博多の帯をしめ、蝋色鞘の脇差、其の頃流行ったの下駄、の手拭を持って、腰には金革の胴乱を
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
広栄は後の煙草けて庭の方へやるともなしに眼をやった。白沙を敷いた広い庭には高野槇があり、があり、があり、ぼくになったなどがあって微陽が射していた。
春心 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
津軽・秋田その他ではをマサツケギ、またはタウチケゲとも謂っている。唐附木というからには前からの附木もあったのであるが、それにはこのようなを使うには及ばなかった。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)