“柾”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まさ66.7%
まさき33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“柾”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸3.2%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗史・民俗誌・民族誌3.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
みがき上げた、まさの柱に象牙ぞうげへそをちょっと押すと、しばらくして奥の方から足音が近づいてくる。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
箱は、まさの細かい、桐の老木で作ったものであり、天国と書かれた書体も、墨色も、古くみやびていた。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
唐附木とうつけぎというからには前からの附木もあったのであるが、それにはこのようなまさきを使うには及ばなかった。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
白沙を敷いた広い庭には高野槇こうやまきがあり、えのきがあり、かえでがあり、ぼくになったまさきなどがあって微陽うすびが射していた。
春心 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)