蝙蝠こうもり
それはまだ、東京の町々に井戸のある時分のことであった。 これらの井戸は多摩川から上水を木樋でひいたもので、その理由から釣瓶で鮎を汲むなどと都会の俳人の詩的な表現も生れたのであるが、鮎はいなかったが小鯉や鮒や金魚なら、井戸替えのとき、底水を浚 …
作品に特徴的な語句
退すさ 強請せが たや いた 一色いっしき 侠気きょうき にわ 寡婦かふ はま たくみ こす かか よう ひき へだた ふく ひら 雛祭ひなまつ 雪崩なだ くろず 䚧釣にべづり 下卑げび 不憫ふびん 両翅りょうばね 主柱おもばしら なが ほの 仕度したく 仰言おっしゃ 其処そこ 冷涼すず 凱歌がいか 剥製はくせい 危惧きぐ かえ 叮嚀ていねい わめ くちばし はや 在所ありか 婿むこ 媒酌ばいしゃく 嫉妬しっと 屏風びょうぶ ついで 後嗣あとつぎ おび おし いつく 或日あるひ つま さば かす そろ 斡旋あっせん 木樋きどい まさ おけ ひのき ゆが むし 気嵩きがさ 水嵩みずかさ 水引みずひき 沢山たくさん 油壺あぶらつぼ さら 浴衣ゆかた たた 溝板どぶいた つぶ 烏賊いか 焦立いらだ きら すす 瓦斯ガス しわ 眉目びもく またた まれ 竿さお みの すだれ いき しゃ 紺碧こんぺき 絨氈じゅうたん すが 罵倒ばとう
題名が同じ作品
蝙蝠 (新字旧仮名)岡本かの子 (著)
蝙蝠 (旧字旧仮名)桜間中庸 (著)