蝙蝠こうもり
それはまだ、東京の町々に井戸のある時分のことであつた。 これらの井戸は多摩川から上水を木樋でひいたもので、その理由から釣瓶で鮎を汲むなどと都会の俳人の詩的な表現も生れたのであるが、鮎はゐなかつたが小鯉や鮒や金魚なら、井戸替へのとき、底水を浚 …
作品に特徴的な語句
ばた 真向まむか 退すさ にな がわら 強請せが たや いた 軒先のきさ のば くろず 侠気きょうき にわ 甘酸あまずっぱ すま かす よう 雪崩なだ 雛祭ひなまつ ひら ふく 夕浪ゆうなみ へだた 歿ぼっ たず はま たくみ 後嗣こうし かか 本所ほんじよ しま こす おび すす たた 燐光りんこう 片翅かたばね 瓦斯ガス 畜生ちくしょう しわ そう まゆ 眉目びもく またた まれ 立退たちの 竿さお みの すだれ こも いき しゃ 紺碧こんぺき 絨氈じゅうたん すが 罵倒ばとう 羽撃はばた はね 肉翅にくし 蹣跚まんさん まゆずみ 麻痺まひ ふな あゆ 駒寄こまよ 風貌ふうぼう あご ひたい 頸筋くびすじ 頭取とうどり ほお こぼ かま ひらめ 釣瓶つるべ 逗子ずし はや 軽蔑けいべつ 躚々せんせん にじ あつ 蒼冥そうめい
題名が同じ作品
蝙蝠 (新字新仮名)岡本かの子 (著)
蝙蝠 (旧字旧仮名)桜間中庸 (著)