“柾葺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まさぶき50.0%
まさがや25.0%
まさぶ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ダラ/\と急な杉木立の、年中日の目を見ぬ仄暗い坂を下り盡すと、其處は町裏の野菜畑が三角形に山の窪みへ入込んで、其奧に小さな柾葺の屋根が見える。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
高き低き茅葺柾葺の屋根々々が、茂れる樹々の葉蔭に立ち並んで見える此盛岡は、実に誰が見ても美しい日本の都会の一つには洩れぬ。
葬列 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
それにふさわない暗いでそこと知られる柾葺きの君の生まれた家屋を目の前に見やりながら、君の心は運命に対する疑いのために妙におくれがちになる。
生まれいずる悩み (新字新仮名) / 有島武郎(著)