“侫奸”の読み方と例文
読み方割合
ねいかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
侫奸の徒には侫奸の徒らしい、侫奸の策略があるものである。こう云って来て不破小四郎は、得意そうに、一座を身廻した。
血ぬられた懐刀 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
用に立つ人物は、十人の内六人め四人るものである。十人が十人譽めるものは侫奸である。一つ心得て置くべきは權道である。これを見切と云ふ。
栗山大膳 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
というのが、出来事のすぐあとで、重臣の評議があったとき、伊達兵部がまっさきに発言して、「かれら四人は侫奸な人間であった、金兵衛らはよくやった」