“侫弁”の読み方と例文
読み方割合
ねいべん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
丈助は得意の侫弁を以て、是からお前さんと共に忠義を尽しましょう、若旦那さまがお帰りになりましたらば、石川さまと旦那さまのを探してを報いますよう
と次第を聞くと、丈助がなまぞらをってかしました。侫弁は甘くして蜜の如しというの通りで、誠しやかに遣るのは丈助の得手でございますから、おぼこのおみゑは真実の事と思い