“糞尿”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふんにょう84.6%
おしめ7.7%
ばばしい7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今日から申しますると、余程奇態な事でありますが、昔は実際そうでありました。したがって農業は神聖で、農民の肥料とする糞尿は穢れとせぬ。
乳の世話から糞尿の世話、一人前に仕上げる迄、何程の苦労だつたとも知れたもんぢやない、チヨツ、新橋の花吉が一人で出来たとでも思ふのか、オイ花吉
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
私、あのにあんな病気しられて、もう、どないしょうかと思うてます。同じ病気かで、糞尿の世話をするくらいどしたら、わたし何ぼか嬉しいか知れしまへん。
狂乱 (新字新仮名) / 近松秋江(著)