狂乱きょうらん
二人の男の写真は仏壇の中から発見されたのである。それが、もう現世にいない人間であることは、ひとりでに分っているのだが、こうして、死んだ後までも彼らが永えに、彼女の胸に懐かしい思い出の影像となって留まっ …
作品に特徴的な語句
修羅しゅら 長火鉢ながひばち うそ 格子戸こうしど 板塀いたべい 馬子まご 麦藁むぎわら たに 唐草からくさ 風貌ふうぼう 重畳ちょうじょう 愛宕あたご 嶮岨けんそ 眺望ちょうぼう 猛々たけだけ 苦患くげん 半歳はんとし 西鶴さいかく くじ 太息ためいき 潜戸くぐり 捕捉ほそく そばだ 毘沙門びしゃもん 釘付くぎづ 屋形やかた 不在るす 仁和寺にんなじ 山裾やますそ 気忙きぜわ 気狂きちが 伝法でんぽう 前栽せんざい 寿司すし 境涯きょうがい 粉雪こゆき 薄暗うすやみ 痘痕あばた 駅路うまやじ 玻璃ガラス 吸殻すいがら 欝陶うっとう 此間こないだ 温順おとな 一昨々日さきおととい 空車からぐるま 茜色あかねいろ はざま 漂泊さすらい 茶褐色ちゃかっしょく 陰欝いんうつ はえ 酌量しゃくりょう 砂塵さじん ふさ 清浄きれい 渓流けいりゅう 二重瞼ふたえまぶた 繊細かぼそ 宵暗よいやみ 根問ねど 汪洋おうよう 渓谷けいこく 石磴いしだん 落籍ひか 糞尿ばばしい 先日こないだ 怨言うらみごと 階上うえ 清洒せいしゃ 所有もの 容姿すがた 頭振かぶ 戯弄からか 抱妓かかえ 寺詣てらまい 上京かみぎょう 夏外套なつがいとう 肌触はだざわ 性格たち 西京にし 下河原しもがわら 悒欝うっとう 標致きりょう 祇園町ぎおんまち 小角おづぬ 楓葉ふうよう 洛西らくせい 相楽さがら 大河原おおかわら 喪然そうぜん 懇親ねんごろ 秋霖あきさめ 繊美うつく 群疑ぐんぎ 雪花ゆき 鷲峰山しゅほうざん