狂乱きょうらん
二人の男の写真は仏壇の中から発見されたのである。それが、もう現世にいない人間であることは、ひとりでに分っているのだが、こうして、死んだ後までも彼らが永えに、彼女の胸に懐かしい思い出の影像となって留まっていると思えば、やっぱり、私は、捕捉する …
作品に特徴的な語句
うわべ 焦躁いらつ おこ 寂然しいん せわ がしら あい 西京にし 彼方むこう かた おく かえ さや かね うら えん 戯弄なぶ あらた くれない せん 先日こないだ たず すさ 糞尿ばばしい 懇親ねんごろ おり きび 清浄きれい かご あざ いと かか のぞ つか 薄暗うすやみ きたな 女性おんな こら 悒欝うっとう はず 喪然そうぜん 幸福しあわせ くじ 平常いつも たず ふる 翌日あくるひ 小角おづぬ さぐ かけ まく きま のが すわ まか 怨言うらみごと 太息ためいき まば かた ぬぐ 馴染なじ からだ あた 自然ひとりで 盗人ぬすっと しか めし さいな まさ 潜戸くぐり 漂泊さすらい 痕跡あと なつ あたた とびら はびこ とこし ばち ひし 玻璃ガラス かた うなず 名残なご いと