“貴筮”の読み方と例文
読み方割合
きぜい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
本年三十二歳、甲子ノ年、乙丑ノ月、丙寅ノ日、丁卯ノ時刻に生れました。……が先生、金が入るとか、損するとか、そんな日常茶飯事は、貴筮に伺う必要はありません。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)