仏法僧鳥ぶっぽうそうちょう
大正十四年八月四日の朝奈良の宿を立って紀伊の国高野山に向った。吉野川を渡り、それから乗合自動車に乗ったころは、これまでの疲れが幾らか休まるような気持でもあった。これまでの疲れというのは、比叡山で連日『 …
題名が同じ作品
仏法僧鳥 (新字旧仮名)斎藤茂吉 (著)