“二声”のいろいろな読み方と例文
旧字:二聲
読み方(ふりがな)割合
ふたこえ68.8%
ふたこゑ25.0%
にせい6.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“二声”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸6.5%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.5%
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
両三日来非常にす。東の方に雲が立つ日もあった。二声ふたこえ三声雷鳴らいめいを聞くこともあった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
声は、cha — cha というように、二声ふたこえに詰まって聞こえるかと思うと、cha — cha — cha と三声のこともある。
仏法僧鳥 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
声は、cha—cha といふやうに、二声ふたこゑに詰まつて聞こえるかと思ふと、cha—cha—cha と三声のこともある。
仏法僧鳥 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
二声ふたこゑばるゝ。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
一声いつせい二声にせい………
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)