“公使”の読み方と例文
読み方割合
こうし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
武揚は、その公使大臣になって、日本だつになりましたが、その武揚をたすけだしたのは、諭吉そのでした。
明治政府になツてからも、しくお役人大頭に加へられてゐて、頭は古いが馬鹿でなかツたので、一度は歐羅巴駐剳公使になツたこともある。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
「この時計ですよ、えがありませんか。公使られたとかいうのですが。」と、主人せました。
時計と窓の話 (新字新仮名) / 小川未明(著)