“紅紫”の読み方と例文
読み方割合
こうし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
素通りした人の多かったのも無理はありませんが、実はその暖簾の陰にこそ、紅紫とりどりの女の歴史が、画かれてあったのであります。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
林のれは広い草原になっていた。そこに十坪位の小さい池があってきれいな水をえていたが、その池のにも紅紫とりどりの躑躅や皐月の花があった。憲一はその池のへ往って腰をかけた。
藤の瓔珞 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
三つをねて、ひた/\とつて、べ、め、かして、や、に、紅紫き、藍碧万顆いて、るゝ七湖心
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)