“紅紫白黄”の読み方と例文
読み方割合
こうしびゃくおう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その城とは、三里距離をおいて、水屋にかりの野陣をしいているのは、すなわち秀吉方軍勢で、紅紫白黄の旗さしもの、まんまんとして春風に吹きなびいていた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)