“紅白粉”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
べにおしろい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“紅白粉”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 仏教 > 仏教教理・仏教哲学100.0%
哲学 > 仏教 > 経典50.0%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗史・民俗誌・民族誌6.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
見ればかれらは紅白粉べにおしろいをつけて、その艶容は娼婦の如くであるのみか、その内服は真っ紅で、下飾りもまた紅かった。
「お仙の阿魔あまに男なんかあるものか、紅白粉べにおしろいはおろか、油一貝ひとかい買ったことのねえ身の上だ——へッ」