“紅白粉”の読み方と例文
読み方割合
べにおしろい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あたしゃ今こそおに、精根をつくしたお化粧を、してあげとうござんす。——紅白粉は、袱紗んでってました。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
いまだに宿とてもまるまじく、此樣になつてかしい紅白粉、よし居處つたとてひにてもれまじ
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「もっと女らしく紅白粉でもつけて、殿下の舞踊のお相手でも務められたら、さぞ、仕合せだろうと、そんな気がしましたわ」
グリュックスブルグ王室異聞 (新字新仮名) / 橘外男(著)