“白粉気”のいろいろな読み方と例文
旧字:白粉氣
読み方割合
おしろいけ93.8%
おしろけ6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
のほつれ毛が顔へ懸りまして、少し微酔白粉気のあるへぽッと桜色になりましたのは、して美しいものでございます。
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
四十格好の克明らしい内儀さんがわが事のように金盥に水を移して持って来てくれた。葉子はそれで白粉気のない顔を思う存分に冷やした。
或る女:1(前編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
婀娜な姿をして白粉気なしで、しの島田に新藁丈長を掛けて、などは昔風の巾八分長さ一尺もあり、狭い路地は頭を横にしなければ通れないくらいで、立派を尽しましたものでございます。
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)