グリュックスブルグ王室異聞グリュックスブルグおうしついぶん
「その時わたくしは、下町のフォーゲル街で父の遺した家に母と暮していましたが、四月初め頃のある朝、……まだ日陰には雪が残って、その中から……ミルザの花が咲いていましたから、三月末頃だったかも、知れません。ある朝事務所の前に、すばらしいイスパノ …
作品に特徴的な語句
退 穿 退すざ かた 敏捷スマート すざ 退 マニヤ それ みあし げん うっちゃ ざわ はじら おっか しつら 合点スカーシェ 飾窓ショーウィンドー いぶ まが きつ そら やか 穿ほじ うべな あま 車室コンパートメント 迷宮ラバリンス 徽章メダル ノー 給仕ウェイター がしら 洋袴スラックス そそのか かぶり ガーデ この 焦点ピント あで せい 三鞭ポールロジェ どう 煙草シガレット そこ はず 迷路メエズ 紛失なくな なす 彎曲カーブ たま 碧玉サファイヤ ばく 一杯いっぺえ 前菜オウドーブル 交尾さかり 車室ヒュッテ 海蛇ショウ・オルム 退 ちげ 上衣コート うら 情夫いろおとこ そそのか 酒杯グラス ざま うつろ 薄闇うすくら 鬱蒼こんもり たけ かか しな はず まばた 間違まちげ あなが おとしい 探偵でか 接吻キッス にぎわ 森閑ひっそり すさ 青玉サファイヤ なら 蹌踉よろ まばゆ ゆだ すぐ とっ