グリュックスブルグ王室異聞グリュックスブルグおうしついぶん
「その時わたくしは、下町のフォーゲル街で父の遺した家に母と暮していましたが、四月初め頃のある朝、……まだ日陰には雪が残って、その中から……ミルザの花が咲いていましたから、三月末頃だったかも、知れません …
作品に特徴的な語句
覿面てきめん 夜叉やしゃ 流暢りゅうちょう 面長おもなが 棕櫚しゅろ 修羅しゅら 羊歯しだ 恰幅かっぷく 呂律ろれつ 螺鈿らでん インチ えくぼ 鵜呑うの しめ 芝生しばふ 夕靄ゆうもや ろう 微風そよかぜ 裳裾もすそ 有耶無耶うやむや 将棋チェス 不躾ぶしつけ 驀進ばくしん 絨毯じゅうたん 奢侈しゃし 御手おんて 蕭条しょうじょう 怯懦きょうだ 疼痛とうつう 姐御あねご 嫉視しっし くびき 森閑ひっそり 紛失なくな 虱潰しらみつぶ 牝牛めうし 生際はえぎわ 鍛冶かじ 下賤げせん 鉄扉てっぴ かじ ふいご 兇器きょうき 猶太ユダヤ 鍍金めっき 揣摩しま 猩々緋しょうじょうひ すず 偽物にせもの 午睡ひるね 太腿ふともも 曲物くせもの 電光いなずま 残酷むご 瞋恚しんい 徽章メダル 寝転ねころ 蒼褪あおざ 拳銃ピストル 手懸てがか 贅肉ぜいにく ほこ 扈従こじゅう みだ 脳漿のうしょう 胡蝶こちょう 巨細こさい 歯軋はぎし 耳環みみわ 軒昂けんこう 交錯こうさく フィート 御心みこころ 間々あいだあいだ 妄執もうしゅう 探偵でか 白堊はくあ 御魂みたま あん 首魁しゅかい 彎曲カーブ 故国くに 隠匿いんとく きらめ 俳優やくしゃ 口占くちうら そそのか 爬虫類はちゅうるい 薄闇うすくら 身嗜みだしな 醞醸うんじょう こいねが しと 白耳義ベルギー 交叉こうさ 轟音ごうおん かざり 眼球めだま