“佳句”の読み方と例文
読み方割合
かく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
故にこれを富鬮的応募といふ。かやうなる句は初め四、五句読めば終まで読まずともその可否は分るなり。いな一句も読まざる内に佳句なき事は分るなり。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
佳句を得て佳句をわざるをみてか、黒くゆるやかに引けるの下より安からぬ眼の色が光る。
一夜 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
それではいくら佳句好詩ができたにしても、る当人の愉快はただ二三同好の評判だけで、その評判を差し引くと、に残るものは多量の不安と苦痛に過ぎない事に帰着してしまう。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)