全羅紀行ぜんらきこう
昨年の旅はまた今年の旅を誘った。朝鮮を訪う人は多いが、私たちのような目的で足を運ぶ者は始めてかもしれぬ。古い物を求める人はあっても、新しい物を捜す者は絶えてなかった。だが古い習慣をよく守る朝鮮では、昔を受けてまだ無造作に美しい品物が方々で出 …
作品に特徴的な語句
ぼかし ようやく さそわ ふか まじわ とどま すべ すぐ がわら いで 水溜みずため 看過みす われ ぼく いろどり おく かえりみ はじ 半腐はんぐされ むこう よこたわ ちな にぎわ むらが おのず 両班ヤンバン もた 濁酒にごりざけ まさ かす すべ さかずき せん さから 筆筒ひっとう 大人たいじん まか いざな ふん 紙縒かみより たくみ 巨刹きょさつ 廓外かくがい めぐ 徳利とっくり 悉皆すっかり あた 焼絵やきえ 煙管きせる 玉露ぎょくろ 生憎あいにく 由々ゆゆ 甲紙こうし 略々ほぼ 白磁はくじ 真鍮しんちゅう 石工いしく 石燈せきとう きぬた すずり ほこら 秣入まぐさいれ うかが 竹篦たけべら 竹簾たけすだれ 竹籠たけかご 箪笥たんす すだれ くわ 糯米もちごめ 紙漉かみすき 素読そどく 継目つぎめ 綺麗きれい 編籠あみかご ひもと めぐ まと そび 肝入きもいり 銅羅どら がた 雑鬧ざっとう きじ 雄渾ゆうこん こて かぎ 這入はい かえ 邑内ゆうない