“从”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
したが75.0%
したがふ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の字も古く用ひたれば、おほかたの和文章にも鮭の字を用ふべし、鮏の字はくは通じし。こゝにはく鮏にふ。
釈にの外、を沢、驛をなり、しかれども巻中の字多し。うて駅沢に作り、以梓繁く。省字は皆古法ふ。
山川村庄はさらなり、物の名のかた清濁によりて越後の里言にたがひたるもあるべし。ども里言は多く俗訛なり、俗にもあり。本編には音訓仮名さず、かなづけは所為なり。
山川村庄はさらなり、物の名のかた清濁によりて越後の里言にたがひたるもあるべし。ども里言は多く俗訛なり、俗にもあり。本編には音訓仮名さず、かなづけは所為なり。