海神別荘かいじんべっそう
時。 現代。 場所。 海底の琅玕殿。 人物。 公子。沖の僧都。(年老いたる海坊主)美女。博士。 女房。侍女。(七人)黒潮騎士。(多数) 森厳藍碧なる琅玕殿裡。黒影あり。——沖の僧都。 僧都お腰元衆。 …
作品に特徴的な語句
歯痒はがゆ いそ 海月くらげ 見馴みな 輿入こしいれ 従容しょうよう 芍薬しゃくやく 父娘おやこ あさひ あかね 忿怒ふんぬ なだ 花片はなびら ろう 雑魚ざこ 瑪瑙めのう 冥土めいど 冬籠ふゆごもり 紅蓮ぐれん 御挨拶ごあいさつ 浪華なにわ 外道げどう 蹴落けおと 身震みぶるい 一歩ひとあし 直垂ひたたれ 一本ひともと 夥間なかま 愚図愚図ぐずぐず さめ 入相いりあい みまわ 群青ぐんじょう さや 切尖きっさき 苦患くげん 波濤はとう かつお とりこ どう 叱咜しった 野辺のべ 紺青こんじょう 中空なかぞら 慓悍ひょうかん 譬喩たとえ りゅう 二個ふたつ 真先まっさき 内端うちわ 緋鹿子ひがのこ 自若じじゃく 暗夜やみ 薄紅うすべに かじ まぐろ 鳩尾みずおち わに 琅玕ろうかん すそ 鮟鱇あんこう 竜胆りんどう 露店ほしみせ 僅少きんしょう 立停たちど 大海原おおうなばら 小袿こうちぎ めぐみ 手代てだい 見棄みすて 白雪はくせつ 一揖いちゆう 孫子まごこ 狭間はざま 爪弾つまはじ 臭気におい 大磯おおいそ 端近はしぢか ちかい 野面のおも 一番ひとつがい あわれ のろ 博士はかせ にえ 飜然ひらり たこ つく いや しべ 晃々きらきら うね 結納ゆいのう 戸惑とまどい 襟飾えりかざり 鮮麗あざやか 市女笠いちめがさ ちか 面色おももち 待遠まちどお