海神別荘かいじんべっそう
時。 現代。 場所。 海底の琅玕殿。 人物。 公子。沖の僧都。(年老いたる海坊主)美女。博士。 女房。侍女。(七人)黒潮騎士。(多数) 森厳藍碧なる琅玕殿裡。黒影あり。——沖の僧都。 僧都お腰元衆。 侍女一(薄色の洋装したるが扉より出づ)は …
作品に特徴的な語句
しの にせ しき 卓子テエプル むず あわい かざ なか おわり しもと うるわ しずか うつくし しょう 海藻かじめ ども はずか さが ゆびさし よし ひとし かがやき さかしま いれ ひやや うしろ しら 生存いきなが かぶり かわ へき 野面のおも さかえ とおり たな しゃく ペエジ ちいさ かさね たい きもの じつ 御僧おそう 心遣こころやり がた 一番ひとつがい おく 悚然ぞっと あぎと おも あし あつま おおき とど 硫黄ゆおう はりつけ あそば やわらか たなそこ ほとり つつみ はから 襲撃おそいう うずくま いり うる いで あかる おし ともしび ぬれ ぬり さわやか あわれ かしこま びき 歩行あるく なげき 硝子ビイドロ 可哀あわれ かご くれない きらい あらた ぜん たくまし 頸飾えりかざり 飲料のみしろ つかわ ふり 一架ひとたな 身代みのしろ 一斉いちどき つむり