“しな”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シナ
語句割合
支那22.3%
21.6%
16.9%
10.9%
嬌態5.4%
姿態4.7%
3.5%
1.3%
1.3%
1.2%
1.2%
媚態1.0%
0.9%
仕馴0.7%
0.6%
形容0.4%
0.4%
仕做0.3%
品物0.3%
0.3%
0.3%
為無0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
乾干0.1%
仕無0.1%
做直0.1%
0.1%
品格0.1%
商品0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
容子0.1%
差別0.1%
態度0.1%
0.1%
柔軟0.1%
為失0.1%
為慣0.1%
為馴0.1%
物品0.1%
種類0.1%
0.1%
0.1%
身振0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日本化物貧弱なのにして、支那るとる、支那はあの尨大であつて、西には崑崙雪山諸峰際涯なく
妖怪研究 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
若君のお刀は伝家の宝刀、ひとの手にふれさせていいではありませぬ。また、拙者護仏法杖のなかは三尊弥陀です。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
多くの草花がへとへとにびかかつてゐる灼熱の真つ昼間を、瞬きもせず澄みきつた眼を開いて、太陽を見つめてゐるのはこの花です。
石竹 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
すぐ眼の前に藪がかぶさっていて、雪でった枝葉のあいだから、細い笹の幹がぼんやりと見え、つい鼻のさきで、新らしい雪が匂った。
ちょうど女の歩きつきの形のままに脱いだ跡が可愛らしく嬌態をしている。それを見ると私はたちまち何ともいえない嫉妬を感じた。
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
忠一といふ、今度尋常科の三年に進んだ校長の長男が、用もないのに怖々しながら入つて來て、甘える樣な姿態をして健の卓に倚掛つた。
足跡 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
てる (やゝ、恥ぢらふやうなを作つて)もう、それは、伺はなくつても、わかつてをります……。(袖で顔を覆つて泣く)
秘密の代償 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
『歯がけて演説の時に声がれて困まる』と、此頃口癖のように云う、口のが淋しくびているのが、急に眼に付くように思った。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
はさうでなくてもてはき/\といたこともなく、殊更勘次してはびた筋肉めてるので
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
晃 死ね、死ね、死ね、民のために死ね。見事に死んだら、俺も死んで、それから百合を渡してやる。死ね、ないか。
夜叉ヶ池 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
なかでも、長身なあなたが、若い鹿のように、やかな、ひきった肉体を、リズミカルにゆさぶっているのが、次の一廻り中、眼にちらついています。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
お吉は八五郎の枕元へ、浮世繪の遊女のやうに、ペタリと坐り乍ら、片手はもうその夜具の襟に掛つて、精一杯の媚態を作り乍らゆすぶつて居りました。
本より末に至るに随ひ漸く其間まり、竹の育ちすらりとして捩れも無く癖も無く、特に穂竿のからず弱からずしてやかに能く耐ふる力の八方に同じきなど
鼠頭魚釣り (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
が、彼はだいいだろう、未だいいだろうと思いながら一日延ばしのように、自分の仕馴れた喝采をるにった狂言から、脱け出そうと云う気を起さなかったのである。
藤十郎の恋 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
アラブ馬のもっともむべき特性は、その動作のやかな点で、他にこれよりも美麗駿速な馬種なきにあらざるも、かくまで優雅軽捷画のごとく動く馬なし。
髷も女優卷でなく、とつい通りの束髮で、薄化粧の淡洒した意氣造。形容に合はせて、煙草入も、好みで持つた氣組の婀娜
渠等は、すっと来て通りに、従七位の神官の姿を見て、黙って、言い合せたように、音の無い草鞋をめた。
茸の舞姫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
悪い請求をさえすらりといてくれし上、胸にわだかまりなくさっぱりと平日のごとく仕做されては、清吉かえって心羞かしく、どうやら魂魄の底の方がむずいように覚えられ
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
『盗み出そうって品物はどこにあるんだい?』
水晶の栓 (新字新仮名) / モーリス・ルブラン(著)
そのやかな身を飜して忽ち車上の人となつたが、つと上半身を出したかと思ふと
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
老女が去ったので、浪路は、ぐっとを変えていた。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
宮沢の城へ寄せたが、もとより政宗の兵力宮沢の城の攻潰せぬことは無いに関らず、人目ばかりに鉄砲を打つ位の事しか為無かった。宮沢の城将岩崎隠岐は後に政宗に降った。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
外は漸くぽかぽかする風に、軽く砂がたって、いつの間にか芽ぐんで来た柳条が、たおやかにっていた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
それから帰りにその非人の処を通りかかりましたが、酔うたマギレの上機嫌で
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ましてやへ起き伏すの野のべ
独絃哀歌 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
仲仕切の暖簾に、人影が、そぼ降る雨に陰気にすと、そこへ、額の抜上った、見上皺を深く刻んだ、頬のげっそりこけた、ばさばさ乾干びた、色の悪い
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
保雄が毎生活に困る様な事も無からうが、新体詩はう買つて呉れる所も無いから保雄の方でも自分から進んで売らうとは仕無い、ま雑誌社からでも頼まれゝば書くが
執達吏 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
文三は狼狽てて告別の挨拶を做直おして匇々戸外へ立出で、ホッと一息溜息いた。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
彼女は、猫のようなやかさで動いてゆき、身を差し伸べるときには藻草のような髪が垂れ、それが岩礁の中で、果物の中の葉のように蒼々と見えた。
人魚謎お岩殺し (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
今しも書生の門前をして過ぎしは、此のの上にやあらん、単衣に赤味帯びたる髪房々と垂らしたる十五六とも見ゆるは、ならん、れど何処ともなく品格いたくりて
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
そのまた女商人がそれを持つてこのソロチンツイの定期市へやつて来たちふ訳だが、それ以来、その女商人の商品がさつぱりけなくなつてしまつただよ。
ところが、その矢先——焔の尽きたが弓のようにだれて、燐寸が指頭から放たれた。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
今はへ難くて声も立ちぬべきに、始めて人目あるをりてしたりと思ひたれど、所為無くハンカチイフをく目にてたり。静緒の驚駭は謂ふばかり無く
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
『若菜集』におけるあのやかな曲線的表現は、「常盤樹」に来て、非常に直線的な格調をもちはじめた。用語も、和文脈から漢詩の様式を思い浮ばせる形式に推移して来る。
藤村の文学にうつる自然 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
とお雪が言うと、娘は神経質らしい容子をして、やがてキマリが悪そうに出て行った。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
殺すあらば娘にした上なれば十兵衞殿への土産も有るにお前もお前頼まるゝ事にも差別ものを罪もみも
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「だあれ。」娘はえるやうな態度をした。
脂肪の多い生白いからだややかな人柄ではあるが、怒りも喜びもそをつと秘密にしてをくやうな陰性な極端に悪く云へば男妾的な性格をあまり好いてはゐなかつた。
二人の男 (新字旧仮名) / 島田清次郎(著)
柔軟したうすいつけて
まざあ・ぐうす (新字新仮名) / 作者不詳(著)
為失したりと貫一は術無を握れり。満枝はも言足らで
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
手術の始まったその時から、それの終ったこの今まで、三人のとった行動は、恐ろしいほど冷静で、ちょうど為慣れた組織立った仕事を、法則通りにやる人の、無感激さえ感じられた。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「いや。あれは只己にさう思はれるのだ。」かう云つて、セルギウスは居間の隅へ歩いて往つた。そこには祈祷をする台が据ゑてある。セルギウスはいつも為馴れてゐる儀式通りに膝を衝いた。
彼女は先ず正に沐浴して、其天然の麗質玉の如きを磨くにも左の物品を要するなり、曰
当世女装一斑 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
誠実は往々にして人を破却にふ、破却よりむべし、然れども破却の中に誠実あり、人死して誠実残る、愛の妙相は之なり、「真玉白玉、種類あれど、愛にふべき物はなし」
照る 片岡山に て せる 旅人あはれ 親無に りけめや 剌竹の はやき て せる 旅人あはれ
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
雜木はまだ持前ぎをめないで、路傍がずつとつておからそれをかうとすると、からも/\が一す。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
何でもしきりに身振をしている。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)