“娜”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しな50.0%
しなやか50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“娜”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
彼女は何か二言三言言葉を換すと乗るべき自動車に片手をかけて、華やかな微笑を四人の中の、誰に投げるともなく投げて、そのしなやかな身を飜して忽ち車上の人となつたが、つと上半身を出したかと思ふと、
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
彼女は何か二言ふたこと三言みこと言葉を換すと乗るべき自動車に片手をかけて、華やかな微笑を四人の中の、誰に投げるともなく投げて、そのしなやかな身をひるがえしてたちまち車上の人となったが、つと上半身を出したかと思うと、
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
彼は、若い男鹿の四肢のやうに、スラリとしなやかな少年の姿を、飽かず眺めたり、父と母とにかたみに話しかける簡単な会話に、耳を傾けたりしてゐた。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
彼は、若い男鹿おじかの四肢のように、スラリとしなやかな少年の姿を、飽かず眺めたり、父と母とにかたみに話しかける簡単な会話に、耳を傾けたりしていた。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)