“雜木”のいろいろな読み方と例文
新字:雑木
読み方割合
ざふき57.1%
ざつぼく28.6%
ぞうき14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雜木てが節制つて裏葉肌膚がなくざあつとかれていだ。しさにての耳語きつゝ餘計いだ。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
く異端邪説の雜木を打ち、さからふ力のいと大いなる處にては打つことまたいと強かりき 一〇〇—一〇二
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
なほよりのいろ/\な雜木苔類七倍十倍もの雨水みためることが出來ますから、森林ではかなりの大雨があつても一時洪水すことはなく、雨水數日かゝつてそろ/\
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)