“しわ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シワ
語句割合
93.6%
1.8%
1.3%
0.7%
紫波0.7%
0.3%
0.1%
仕分0.1%
吝嗇0.1%
0.1%
子和0.1%
0.1%
皺線0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……日にやけた、小さな顔に、刻みつけたような、深いがあらわれ、僅かな時間でその眼も頬もぐっと落ちくぼんだようにみえた。
山彦乙女 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
伯父の一人は自殺し、一人は家を出て、気違いのようにくなった祖父と五十年つれそった祖母との間に不思議な生活が始まった。
がれた女の声で『誰だね、門を敲いてるのは? 何を騒いでるだね?』と言うのを主従は耳にした。
白ペンキ塗の厚縁燦々で、脾弱い、すぐにもってれそうな障子やりの、そこらの間毎には膏薬のいきれがしたり、汗っぽい淫らな声がえかけたりしている。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
この遠征の結果として、今の岩手県の中部地方、和賀、稗貫紫波の三郡を設置しました。けだしこの辺までは、完全に帝国の版図に加わったのであります。
本州における蝦夷の末路 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
それは、両手を胸に組み、深い眉根に寄せて、顔には何やら、悩ましげな表情を漂わせていた。
紅毛傾城 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
きあげられた衣物つて身體確乎とさせてせる。れたには手刺穿たれてある。うておつぎは菅笠いた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
よ、よう」と與吉強請む。はもうつてけたゑぐが與吉せられる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
そういって二人は笑った。倉地は返事を出すほうに岡のその手紙を仕分けた。葉子はそれを見て軽い好奇心がわくのを覚えた。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
吝嗇御座いまして、旦
吝嗇家 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
尤も、その節約に実がいりすぎて爺さんのはちとくなっている。
神楽坂 (新字新仮名) / 矢田津世子(著)
張従正、子和睢州考城の人、金大定明昌の間医を以て聞え、興定中太医に補せられた。我源平の末、鎌倉の初に当る。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
さて竜に生まるるは、必ずしも瞋痴った者に限らず、吝嗇な奴も婬乱な人も生まれるので、な奴が転生した竜は相変らずく、なものがなった竜は、依然多淫だ。
深くふかく喰ひこんだその太い力強い皺線をよくみろ
くちやになツた大島染の袷を着た、モ一人の男は、両手を枕に、足は海の方へ投げ出して、不作法にも二人の中央に仰向になツて臥て居る。
漂泊 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
このいお料理をんでいるから、知っています。
それあの何とかいういさんがいたっけなあ。勝安芳よ。勝なんぞも苦労をしたが、内の親父も苦労をしたもんだ。同じ苦労をしても、勝はい命を持っていやぁがるから生きていた。
里芋の芽と不動の目 (新字新仮名) / 森鴎外(著)